2歳からヴァイオリンを始め、中学3年間東京ジュニアオーケストラソサエティ(TJOS)に在籍。
18歳で音大受験のため故・鷲見康郎氏に師事。
フェデリコ・アゴスティーニ氏(元イ・ムジチ合奏団コンサートマスター)のマスタークラスを受講。
第49回鎌倉市小・中・高学生コンクールにおいて優秀賞(第3位)受賞。
専門学校国際スズキ・メソード音楽院(ヴァイオリン科指導者養成コース)卒業。
6年間の在学中、ヴァイオリンを正岡紘子、豊田耕兒、舘ゆかりの各氏に師事。
また、ヴィオラを豊田耕兒氏に、室内楽を豊田耕兒氏、舘ゆかり氏に師事。

18歳の時に人生の転機が訪れ、故・鷲見康郎先生との出会いによって、初めてヴァイオリンに情熱を感じる。
鷲見先生のお宅で聴かせていただいた、
先生の最も愛する音…クライスラーのレコードの音が忘れられず
「真の音楽とは何か?」という問いへの答えを探す旅を決意。

その後、コンクールでスズキ・メソード出身の青年の奏でる音楽にクライスラーのレコードと同じものを感じ、大きな衝撃を受ける。
音大受験に失敗し、大学を半年足らずで中退。
大学の購買で偶然手にした、スズキ・メソード創始者、鈴木鎮一氏の書籍“愛に生きる”を読み、
探しているものはここにある!と確信し、専門学校国際スズキ・メソード音楽院へ入学。

音楽院卒業後は、スズキ・メソード0〜3歳児クラス所沢教室スタッフ、
老人ホームでのボランティア演奏や、声楽家、シンガーのサポートヴァイオリニストとしても活動中。
また、2016年に同音楽院時代の友人佐々木瑞枝(ピアノ)、山田慶一(チェロ)とトリオを結成。
現在、公益社団法人才能教育研究会ヴァイオリン科指導者として後進の指導にあたる。

神秘的なものに惹かれ、楽器の演奏を通して四次元と繋がることを信じている。
“許し”“癒し”また、自然や動物、地球への祈りをテーマに作曲もする。
スピリチュアルへの興味から、精神世界のカレンダーであるマヤ暦“ツォルキン”を現在勉強中、
マヤ暦アドバイザー資格取得を目指す。

GoghとDebussyに心から共感し、深く敬愛している。

2012年4月11日桜咲く大安吉日に、カラオケルーム歌広場銀座外堀通り店アルバイトリーダーに就任!
2014年9月より、横須賀中央駅前店に異動、2015年8月末をもって退社。ウタヒロありがとう!


表紙 リンク 演奏活動 告知 レッスン